トップページ > fxで損切りできないあなたもこの金融商品ならOK

「損切り」する人の心理

損切りとは
損切りとは、買ってから価格が下がっていき損失がある中で損を確定させるために決済することです。


取引している人の心理としてもうそろそろ上がるのではという心理があります。
現物株取引をしている場合などは、損失があっても取引期限はないため無理に決済する必要はありません。
また、少しでも損失を少なくしたいため損切りするのが遅れることがありません。

損失を減らす方法としてナンピンという方法があります。
ナンピン(難平)というのは、損失がある中でさらに買いつけを行い購入単価を下げる
ことにより損失を減らす方法です。

主にもう底でそろそろ上がるであろうという場合に使います。
「下手なナンピン使い」と言われるようにナンピンを使うことによってさらに損失が大きくなることも
あります。

例にて説明してみます。

円ドルを1ドル80円で10000通貨購入します。
上がればいいのですが、価格は下がり1ドル79円になった場合損失は1万円です。
ここでナンピンをして1ドル79円で10000通貨購入します。
購入価格は、1ドル当たり79.5円になり79.5円より高くなれば儲かることになります。

79円より上がった場合)
円ドルが上がり79.7円まで上昇したとします。
この時点で決済すれば、(79.7-79.5)×20000=4000円

79円より下がった場合)
円ドルが下がり78円まで下落したとします。
この時点で決済すれば、(78-79.5)×20000=30000円

成功すれば損失は取り戻せますが、失敗すればさらに損失は大きくなります。

これから紹介する投資法は、損切りに迷う必要のない投資法です。


それがバイナリーオプションです